おーちゃんのブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

リンク

フリーエリア

いちばん下の "このブログに投票" を ポチッとね (^o^)v

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術

腹減った~ヽ(´o`;

この病院朝は8時からが朝食のようです
食事の一時間前になると何故か
温かい、ほうじ茶が配られます。

昨夜の9時から絶食状態のおーちゃんの
とこには当然なにもきません(TT)
引き換えに点滴の交換には
きます…





初点滴です(^^)v
点滴の針がプラスチックとは
知りませんでした、おかげで痛さは
皆無…ありがたい(^^)
しかし点滴をガラガラ持ちながら
∥WC∥ヽ(^^ゞ。。。。トイレに行くのは
何だかホント病人になったみたいで
気が滅入ります…

手術は午後1時半からですので
ずいぶん時間があり
本を読んだりブログを書いたりしながら
過ごします。
10時になるとこの部屋に新しい
入院患者の方がなんとお二人も
入ってきましたお二人ともご高齢です。
2Fのフロアは整形外科の患者ばかりの
病室です。

10時半過ぎに看護師さんがやってきて
これに着替えてくださいと
手術着と白いニーハイを渡されます

ニーハイわかります?^^;

よくAKBなんかが履いてる太もも
までのソックス…
ニーハイとミニスカートの間から
見える太ももがたまりません(*^^*)

しかしオッサンのニーハイは…
ダメです(--;)汚ないです。

何の為かというと
うっ血防止だそうです。

手術着は後ろボタンで前は着物あわせ
になっており脱がずに手術できるように
なってます。

11時に山の神が分厚いマンガ本と
昼飯を持って登場
マンガ本の題名がスゴイ

家庭サスペンス
腹黒い女に倍がえし


思わず 腹太い じゃないのあんた
とは言えず心の中で言いました(^^;

しかし今更ながら女っていうのは…
題名だけでげんなりです(-""-;)

そうこうしているうちに時計の
針は1時半になり看護師さんが
迎えにきます。

いよいよ手術です。
手術室は同フロアで病室から30メートル
くらいでしょうか点滴を押しながら
歩きます。
手術室に入ると手術スタッフが
満面の笑顔で出迎えてくれます
緊張を和らげるためなんでしょうか
そこで名前年齢手術の箇所を
言わされます患者の間違い防止でしょう。

手術台に自分で仰向けになると
テレビでしか見たことのない
丸い目がいっぱいの手術ライトが
目の前にどうだぁという感じで
存在を誇示してます。

口に酸素吸入器を付けられ
「麻酔いれますね」の声
えっもう…もうちょっと色々見てたかった
のに…今回は全身麻酔です。
ちょっと前まで背中に大きな注射で
メチャクチャ痛いと信じこんでた
全身麻酔、今では点滴で…

なんかピリピリして痛いなぁと
感じながら数を数えて

1.2.3.4……ZZZ…


わずか4秒で意識が無くなり
目覚めた時は手術ベッドが
ガラガラと引きずられる音でした。

時間の感覚がまるでなく
山の神に聞いてみると
3時間の手術だったそうです
手術は無事に成功でした(^^)
寝てて終わるんだから楽なもんです。

しかぁし!

これからが大変でした(--;)

手術した肩はなにか鉄の棒を
入れられたような痛さ。
今夜一晩は起きあがっては
いけないとのことでベッドに
張り付け状態…水も飲めず…
ただただ天井を見ているしかない
時が過ぎてゆきます( ̄~ ̄;)

そのうちに山の神もムスメも帰り
ひとりの時間が………………………………………

………………長いわぁ!


看護師さんが熱と血圧を計りに
来て痛みは? と尋ねるので
今の状況を話すと…

「それじゃ座薬入れましょ(*^▽^)/★*☆♪」

一瞬「え" (((((゜゜;)」っとたじろいたんですが、ネタとしては面白いなと
思い直し

「お願いします(^○^)」

「お尻は初めてなんですが」


「おもしろい人ね」

と看護師さん手袋をはめ、薬を取りだし
予告もなく…

「を"を"を"!」指が第2関節入っとる( 〃▽〃)

52才にして初体験(//∇//)でした。

ただ残念なのは担当の増渕さんは
昼勤で変わりに40代ベテランの
真っ赤な口紅がエッチな看護師さんでした

さすがに座薬は効きます。

そんなこんなで落ち着いてくると

おしっこがしたくなってきまして

目の端にしびんが見えるのですが
手が届きません( ̄▽ ̄;)
我慢してみますがダンダンと
限界に……

初めてナースコールを押しました。

「呼びましたかぁ」

赤い口紅がエッチな看護師さん

「おしっこしたいんですが」

「あーそれじゃ取れないわね、自分でできる?」

ちょっと無理すればできそうな感じですが
これもネタの為と思い。

「ちょっと痛くて無理みたいです」

すると看護師さんおもむろに
おーちゃんのパンツを脱がせ
おーちゃんのフェルナンデスくん
しびんの口の中にあてがってくれます。

しかしいつからこんなに恥じがなくなったのでしょう(--;)

明け方にもう一回座薬を入れてもらい
おーちゃんの長い夜は明けて
ゆくのでした(*´∀`)


つづく…。



座薬はクセになるよねと思う人は

ポチッとね!





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

<< 退院 | ホーム | 入院 >>


コメント

おはようございます(^^)

CATBIKEさんもいずれ入院する時が
くるかも知れません…
フェルナンデスくんは別としても
座薬は自分じゃ多分入れられないと
思います^^;

おもいっきり恥ずかしですが
座薬は飲み薬より即効性があり
効きますよ。

ただクセになるかもですが…。

おはようございます(^^)おやじさん

腹膜炎とは大変だったですね。
小学生の頃の純粋な心を
いつのまにかどこかに
捨ててしまったおーちゃんですが(--;)

しびんにおしっこするのは
おーちゃんも初めてでした
なにかいけないところでするようで
出にくいのはわかりますよ。

しかし純粋な心を失った
おーちゃんは溜まってたせいもあり
そんな事はありませんでしたが(-""-;)

朝から失礼しました。

Re: 笑いが止まらない(^^;)

おはようございますムコ殿(^^)

バイクブログがなんだか
変な方向に行っておりますが…

入院はしないことに
こしたことはないですが
おーちゃんの場合深刻な
入院じゃないんで気分的にも楽なもんで
ブログネタに頭がいったんですよ^^;

是非ムコ殿も入院した際には
ジョンくん(^^)と座薬はセットで
やって貰ってください(^^)v

こんばんは~。

元気そうで何よりです。
というより爆笑ですね~。

私は、小学3年生の頃、盲腸から腹膜炎を起こして入院したことがあり
おーちゃんさんと同じく、シビンをその時初めて使いましたが、
なれないシビンで、オシッコが中々でなくて困った思い出があります。
まだ、小さかったもんで、看護婦さんが若かったとか美人だったとか
あまり覚えてませんが、算数をマンツーマンで教えてくれた看護婦さんは、
優しくてキレイなおねえさんに見えましたよ~。

こんばんは^_^

実話で、本当は大変な状態なのでしょうが、ブログはおもしろ過ぎです。( ̄▽ ̄)

思わず、吹いてしまいましたよ。
座薬も、フェルナンデスくんも、私は未経験者。その快感が分かりません(笑)

笑いが止まらない(^^;)

おーちゃんさん。こんにちは!

いくらブログネタの為とはいえチャレンジ精神出し過ぎですよ(笑)
思わず吹き出して笑ってしまいました。
隣にいた鬼嫁が「とうとうトチ狂ったかこいつ・・・」ってな目で見てましたがな(^^;)

私はまだ一度も入院経験がないのですが・・・万一同じような事で入院したらオイラのジョンくんもしびんの口にあてがってもらおうと思います(笑)

つづきめっちゃ楽しみにしてます(^^)/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。